古くから元気になると言われている食べ物とは?

古くから元気になると言われている食べ物

牡蠣

古くから元気になると言われている食べ物とは、うなぎ、牡蠣、スッポン、しょうが、ごま、山芋などです。

これらの食べ物には、ビタミン、ミネラル、亜鉛、また血行をよくする成分が含まれていることが多いです。うなぎには、ビタミンAとビタミンEが含まれています。

ビタミンAには生殖機能の活性化に効果があります。
ビタミンEにはホルモンバランスを整えて、生殖機能を高める効果があります。


牡蠣には亜鉛が非常に多く含まれています。亜鉛は、アメリカでは「セックス・ミネラル」としてブームになっているほどで、精子を作る効果があります。
また、ビタミンCも多く含まれており、ビタミンCが血管をやわらかくして、血流を改善してくれます。

スッポンには、20種類のアミノ酸が含まれており、男性の元気を取り戻してくれます。必須アミノ酸やビタミン、ミネラルも含まれているため、男性の力を復活させてくれます。
またビタミンBも含まれており、これには造血効果があるため、勃起障害に有効です。

しょうがにはジンゲロールという成分が含まれており、これには血行をよくする働きがあります。血行がよくなれば、下半身の血の巡りもよくなりますので、EDに効果的です。また、血行が促進されることによって生体機能全般が活性化するため、下半身の元気もでてくるというわけです。

ごまも、血行をよくする働きがあります。また、脂肪を燃焼してくれるので、生活習慣病を防ぎ、EDにつながるおおくの病気を防ぐことが出来ます。

山芋はネバネバの元となっっているムチンという成分が、元気がでる効果があります。また、アルギニンという物質が精子を作る材料になるので、下半身の元気を取り戻してくれるのです。

こういった成分はサプリメントでも補えますが、過剰摂取には注意が必要です。特に亜鉛は効果的ですが、取りすぎると、亜鉛過剰症になります。
めったに起こることではありませんが、亜鉛過剰症になると、吐き気、嘔吐、金属味、下痢などを起こします。ビタミンの取りすぎもあまり効果がなくなってしまったりするので注意が必要です。