生活習慣との深い関わり

生活習慣を変える

全ての病気はストレスから起こるといわれています。
ですが、現在私達の生活の中では様々なストレスにさらされ、切っても切れない状態にあります。
仕事や家庭での不満や不安、人間関係、病気、これらも元はといえばストレスが原因です。
EDの原因も例外ではありません。症状を引き起こし、不安を煽られ更にストレスが増していくという負のスパイラルの中で症状は一向に良くなりません。
ただ、これには改善策もあります。
それは「生活習慣の改善」です。

当然、手術や事故での大怪我が原因の場合などの例外もありますので、100%の方の症状が良くなるという訳ではありませんが、現状悩まれているのであれば生活習慣を改めることで改善、緩和されるケースもあるのです。

一度立ち止まってEDと向き合い、見つめ直す為に下記の内容をご参考になさってみてください。

EDを見つめ直す

先生

「生活習慣を変える」と一言でいってもどのようにすればよいのかが分かりません。
という質問が返ってきそうですが、大まかにいうと下記のようなことが原因で心身共にストレスをかかえ、EDの原因になっていることが多くみられます。

・病気
・薬の副作用
・食事の栄養バランスの崩れ
・喫煙
・運動不足
・過剰なアルコールの摂取
・寝不足
・低体温
・マイナス思考



どうですか?
上記のうちどれかに当てはまっているという方、これと逆のことを行えば体は今よりも健康な状態に近づくと思いませんか?
まずは現在の自分を見つめ直し、出来るところから始めてみましょう。
生活習慣を改善し、肉体的・精神的に健康な状態を保てば、EDやその他の病気の元は姿を消していくものです。

ストレスとEDの深い関係

冒頭で触れましたがストレスはすべての病気の元といわれております。
過剰なストレスは心の病気ですがEDにとってはこのストレスが大変影響します。
例えば、彼女や奥さんに「速いわね」、「役立たず」、「小さい」など心ない言葉に精神的にダメージを受けEDになるケースなどです。
心が傷つき、不安が不眠を招き、それがまた更にストレスを呼ぶという最悪の結果に繋がっていきます。
また、経済的な問題やパートナーとうまくいかない、仕事での疲労や悩みなどで性的欲求が起こらない、こういったこともEDの原因になります。

心の悩みから、体に影響が出るのであれば、逆に体を健康に保つことで心が元気になる場合もあります。
例えば、フィットネスクラブで汗を流したり、睡眠をしっかりとる、栄養のバランスのとれた食事を心がけるなど、ストレスを解消でき心がリラックスすることを毎日の生活の中に少しでも取り入れるようにすることで心と体が健康な状態になり、EDが改善されることがあります。

不安な状態が長く続いている、悩みがつきない、最近怒りっぽい、なぜかイライラするという方の多くは心にゆとりがなく、過剰な緊張状態にあることが少なくありません。
生活習慣のリズムを変える為、今の生活を一旦リセットし、適度な運動と睡眠、必要な栄養を食事でしっかりとり、自分の趣味や好きなことをする時間を作ること、心と体に栄養を与えリラックスすることが一番のクスリになることがEDの改善に繋がるのです。

生活習慣病からEDへ

夜の生活における中高年男性の一番の悩み「ED」には上記のように様々な理由が考えられますが、その中でも病気は、EDと密接な関係があります。